貴方が水着を選ぶとき

子供さんの水着を新調してみませんか

じわじわと今年の夏もやってきました。そんな暑い夏にはやっぱりプールや海水浴にでかけたくなります。そこでいつも悩ましいのは水着選び。やはり普段とは違い、体をさらすものでもある水着は、可愛く、そしてかっこよくありたいものです。ですが、一年にこの時、としか使わないのはコストパフォーマンスや使用頻度を考えると新調にためらいがちです。前年使ったものを使いまわしていらっしゃる方やご家族も多いのではないでしょうか。最近では上から羽織るタイプなど、たくさんの付属アイテムも売られていますので、うまく活用すれば去年の回しものでも十分に新鮮感をとりいれることが可能です。
しかし、大人と違って子供さんの成長はあっというま!古きものに別れを告げ、新しい風を吹きいれる、そんな気持ちで新しい水着を買ってリフレッシュしてみるのも一つの手です。毎年新らしく着る水着で、子供さんが着たいと思う型が前年と全く変わったな、身長がこんなにも伸びたんだね、等、子供さんがどれだけ大きく育ってくれたかわかって楽しいかもしれません。成長の発見として、また毎年のメモリーとして活用する新しい可能性がみえてくるのではないでしょうか。

子供はお揃いの水着を肯定的に受け入れる

海や川など水着が必要な場所へ子供を連れて行くときに、高確率で大人にとって不都合なことが起こります。せっかく用意した水着を、子供が受け入れてくれないことです。とりわけ初めて海などへ行く日で、なおかつ着用させた経験が皆無であれば必ずと言っていいほど発生します。全身で水を感じることに抵抗感を覚えているわけではなくて、あくまでも用意された水着が原因です。子供からしてみれば、見たことも触れたこともない生地が体にまとわりつくことになります。一度でも着用経験があれば慣れるまでに時間はかかりませんが、そうでなければ大人の忍耐力が試されます。一向に状況が動かないことを想定できれば、大人が着用するものと同じデザインの水着を子供に与えると良いです。
お揃いの一着を目の前に差し出されると、身近にいる大切な人と同じ格好ができると考え始めます。視野が広くない年齢層ですから、少しでも誰かと繋がることが嬉しくなり肯定的な気持ちで着用してくれます。

pickup

Last update:2017/3/8